update 2009/10/11

● 韓国最後の一晩の贅沢,JW Marriott Hotel Seoul

韓国での仕事,最後の晩.少し贅沢するかと,JW Marriottに宿を移しました.ホテルから空港直行バスが出ているのも,選んだ理由の一つ.ちなみにSeoul観光は無し(仕事ですから).このホテルは漢江南側にあって繁華街からは離れていますが,それなりにショッピングエリアではあります.地下の本屋には日本語の本のコーナーもありました.

room entrance

さて,最初は高くそびえるMarriottの写真を,と思ってたのに撮り忘れ.ホテルのWebページでも見てください.

いきなり部屋の中ですが,なんとまず廊下.ベッドルームが,この右側のバスルームに遮られているので,外の音が聞こえずに静かです.


bathtub

まあぶるなバスタブ.韓国はシャワーが普通で,今回の出張でずっと滞在していたホテルもバスタブ無しだったので,どっぷり浸かれる浴槽はありがたい.湯船で一時間くらい読書してました.

バスタブにシャワーは付いておらず,バスルームの反対側にあります.この浴槽は,本当に湯につかるだけみたい.アメリカチェーンのホテルですが,そこは韓国風なんでしょうか.


bed room

さてメインルーム.一人で贅沢に使わさせて頂きます.コーヒーテーブルには,バナナ,クッキー,それに赤い毒果物(<あたしゃ,これが嫌い)が乗っていたので,この赤いものだけ,直接手に触れないように注意しながらゴミ箱へ.


audio equipment

机の上にあるプラグ類.これ,初めて見ました.右側は,どんな形状でもOKな電源コンセント.真ん中は何とD-subコネクタですよ.ここにPCを繋ぐか,左のAV端子にオーディオ機器を繋げば,ベッドルームの大型モニターに表示されるそうです.

ちなみに,D-subの方は試したんですが,壊れてました.ちゃんちゃん.


view

部屋は24階.残念ながら窓は郊外を向いていますが,夜景はまあそこそこ.もっとお金を出せば市街地側の部屋となります.

地下にスポーツクラブがあるので,夕方泳ぎに行きました.僕以外は誰もおらず,大きなプールとジャグジーとサウナを独占.サウナの中でもし倒れたら,きっと誰も助けに来ないなと,ちょっと不安だったり(もちろん監視員は常駐してます).


French onion soup

夜はホテル内レストランで久々の「洋食」です.フレンチオニオンスープ.お箸が置かれているのは謎.


bar

最後,バーで一杯やっておしまい.


<PREV]