update 2005/04/10

2005年4月4,5日

● もう一度茨城

ずっと東京に居てもつまらないので,再び仕事場を求めて茨城へ移動.もち ろん徒歩じゃないですよ.とある筋より,東京駅から東海までバスが出ている事 を聞いていたので,今回はそれを利用する予定でした…が,2時間半ほどかかる という話なので結局上野から特急を利用してしまいました.根性無しです.だっ て,JRなら1時間も早く着くし,9時丁度発のひたちは東海駅に停車するし,特急 の時間に合わせたバスだってあるでしょう.

前回の教訓を踏まえ,早めの行動で9時の特急を余裕でつかまえ,10時半過 ぎには東海駅に到着しました.さて,バスの時刻を見てみると,発車は10時25分. JRのことは全く無視した時刻表に唖然とし,泣く泣く再びタクシーを利用しまし た.早く着くには着いたけれど,かなりの散財.バス会社に「お客様からの声」 入れがあるなら,絶対に書いたのに.

昨日の暖かさが嘘のような,今日の寒気.東京で降っていた雨も,東海村に 着く頃はすっかり止みましたが,それでも厚い雲が広がっています.6時前には 仕事を切り上げ,ホテルへと向かいました.

途中コンビニに寄り,ビール2本とピーナッツ,それに冷やし坦々麺なるもの を夕食用に調達しました.車も無いし,友人と外食するには疲れていたので, 部屋でのんびりとする予定.


翌6日も,特に何もなし.仕事を進めつつ,アメリカの職場のビザ担当者 とメールで現状打開の相談.でもあちらでは「とにかく待て」と言うばかり.

再予約した飛行機のチケットは9日土曜日.もし水曜までにパスポートが来 なければ,最低でもあと1週間は延ばす必要があります.1週間なのか,2週間に しておいたほうが良いのか,ビザ審査の現状が分らないことには,予定の立てよ うもありません.アメリカ大使館では,全部で2,3週間程かかると言われたし, 職場からの問い合わせでは最短で3週間だったし.

予定外の長い滞在に,別の心配事が持ち上がります.それは公共料金やクレ ジットカードの支払いが滞ること.日本なら銀行からの自動引き落としですが, アメリカでは普通,請求書が来るたびに小切手を切って郵送します.これが滞る と,クレジット歴に傷が付く,つまり信用度が落ちるわけです.

まぁ一度遅れたくらいでは大したことはないでしょうが,それでもアメリカ 滞在まだ3年目の新参者,シミは作りたく無いものです.

家の方も心配です.新聞や郵便物が溜り,長期留守がわかってしまうので, 友人に家に入れてもらうよう頼みました.泥棒さんはほとんど見かけないLos Alamosですが,それでも心配になります.

とにかく水曜日まで待ってみようとは思えど,こちらではイライラがつのる ばかり.


2005年4月6日

● 春風

朝,メールを開くと職場のビザ係の人からメール.ここ数日連絡を取り合っ ている人とは別の人です.ドキドキしながら,何かあったのかと開いて見ると…

「I-140の申請,つまりアメリカ永住権の申請が認められました.おめでとう」

絶句...つまり,なんですかい.就労ビザの更新は必要なかったって こと?!?

あと2年はかかると言われたgreencardが,あっさりと取れてしまったようで す.しかし! 今パスポートは手元に無い.アメリカ再入国のためには,結局, 今更新中のビザが出るのをひたすら待たざるを得ない,何だか笑うに笑えない状 況.まさに徒労日本です.

嬉しいニュースながらも,当面の心配は土曜日の飛行機のチケット.今日は すでにタイムリミットの水曜日.もう一日待てなくも無いですが,アメリカでの チケットは現地の人に頼んで変更してもらう関係上,木曜早朝にはアメリカに電 話する必要があります.

とにかく,今日の夕方まで待ってみよう.実家の方にパスポートが配達され ていなければ,深夜アメリカに電話してSouthwestのチケットを変更してもらい, 明日朝早く日本発のJAL便を変更しよう.


夕方,茨城を発ち東京の叔母の家へ.実家に居る家内から,パスポートがやっ と届いたという知らせが入っていました.

やっとアメリカに帰れる! あと1日遅かったら,土曜日のチケットを変更し, 来週1週間,無駄な日々を過ごしていたところでした.嬉しいニュースではある ものの,greencardのことを考えると何となく素直に喜べない脱力感が残ります. 一体何のためにここまで苦労して日本に帰り,大金を無駄にし,不在中の家を心 配したのか.


2005年4月7日

● 再南下

帰国初日に東工大を訪問する予定でしたが,Santa Feの大雪で飛行機に乗り 遅れ,これをキャンセルしました.幸い? アメリカに帰る予定が延びてしまっ たので,今日に予定を変更してもらいました.大岡山の東工大キャンパスは知る 人ぞ知る桜の名所.丁度満開の桜を堪能でき,仕事そっちのけで写真を撮って いました.

アメリカ暮らしで何が寂しいかって,この桜が見られないこと.今年は開花 が遅く,4月1日に帰国していたら満開の桜を見ることができなかったと思うと, まあ悪くも無い旅かなと能天気な気分になってきます.

元もとは東京に泊まる予定だったものの,ビザが来たとあれば至急家に戻り, 荷作りする必要があります.最終便の飛行機にて福岡へと戻りました.

案の定,搭乗予定の飛行機は30分遅れで離陸しましたが,もうそんなことは 気になりません.当然福岡到着も遅れ,バスの最終便が出た後だったことなんて 予め知っていた話です.


2005年4月8,9日

● そして帰国

8日.買い忘れていた日本の物品を購入.本を数冊,子供と女房への誕生日 のプレゼント.

夜,飛行機でやって来る従姉妹を迎えに福岡空港へ.当然の如く,到着は遅 れます.福岡を出るのが10時過ぎになり,夜間道路工事が始まってしまい,夜だ と言うのに渋滞に巻き込まれてしまいます.ビザが出たと言うのに疫病神は健在 です.

さらに気づいた事.日本滞在が予定外に延びてしまった結果,アメリカでは 夏時間が始まってしまいました.つまりLos Angelesでの乗り継ぎ時間が1時間短 くなってしまったということ.今までの状況を鑑みれば明らかです.乗り遅れる な,これは.


翌朝,早めに空港に到着.まだ少し空いているスーツケースの中に,ご禁制 の食料品を忍び込ませました.驚いたことに飛行機は定刻運航です.いや,それ が普通なんですけどね.多分,厄が落ちたんでしょう.

成田発のLos Angeles行き.もう厄落ししたのに,やっぱり出発は30分遅れ ました.Los Angelesでの飛行機乗り継ぎは,まず夏時間での1時間短縮,それに 出発遅れでの30分の損.乗り継ぎにはかなり余裕を見ているし,それに何かありゃ Los Angelesでホテルに泊まればいいんだと開きなおるものの,ちょっと心配では あります.

成田空港でパソコン雑誌や文庫本を調達して(結局機内では読まずに爆睡 してましたが),3週間半の長きにわたった日本滞在に終止符を打ちました.

運良く入国審査はあっという間に終ったため,余裕を持ってSouthWest機へ 乗り継ぐことができました.Albuquerqueでのレンタカーの予約も問題なく,夜7 時過ぎ,やうやうにしてLos Alamosへと帰ってきたのでした.


なんだか色々とありましたが,喉もと過ぎればなんとやらで,今では面白可 笑しく書き綴れる旅です.とんだ目には会いましたが,満開の桜をめでつつ食を 堪能,仕事も普段の半分程度と,案外プラスの事が多かったのかもしれません. 数枚のCDを買い,楽譜(G.Holstの惑星のピアノアレンジ版)を買い,太宰府名物 梅が枝餅を食べ,アルフォンス・ミュシャといわさきちひろの絵を鑑賞.身も細 るような心労の日々を送った割には,体重が2kg増えていました.


<PREV]