update 2005/03/29

2005年3月22日

● 北上

福岡空港を発ち,再び東京へ.離陸前の飛行機で,突然前の座席の青年が, 「椅子を倒してもよろしいでしょうか」と丁寧に聞いてきます.今時の若いもんに しては良くできておる,と感心しはしましたが,
「うーん...べつにいいけど,離陸時は倒しちゃだめなんじゃないかな」
「えっ,そうなんですか」
どうやら生まれて初めての飛行機の旅のようでした.それにしても,本当にダメなのかな? ちょっと自信無し.


2005年3月23日

● いばーらき

東京で一泊した後,茨城へ.9時上野発の特急に乗るつもりが,上野に着い たのが9時2分.仕方無いので9時半の特急の指定を取り水戸へ向かいました.水 戸での各駅停車への連絡が悪く,30分ほど待って乗り換え.目的地でのバスの連 絡がまた悪く,30分以上バス停で待つことになりそうだったので,高いながらも タクシーを利用.何から何までも,ついてない旅です.

昼間の仕事を済ませてホテルへ.かなり詰め込んだ日程をこなして来たので, ここらでちょっと一休みしたいところ.外食せず,コンビニおにぎりとポテトチッ プス,それにビール2本を調達し,部屋でテレビを見ながらの夕食です. 「ふぅーーー」と溜息をつく一時.


2005年3月24,25日

● 無風状態

両日仕事.さしたる事もなし.大使館からのgood newsも無し.

もうすぐ4月だと言うのに,結構寒いです.本屋に立ち寄って面白そうな 本を物色していると,「いばらぎ,じゃなくて,いばらき」という本を発見. 面白そうだったけど県民限定っぽかったので,購入を思い留まりました.

東海村では村長選挙があるんだとか.聞けば,人口は数万人いるそうです. 「村」じゃないだろ,それは.

25日朝,ホテルをチェックアウトする際,電話代を清算.PCを繋いだりした ので少し高いかなとは思いましたが,1600円の請求に目が点状態.教訓:電話 料金を事前に確認すべし.

夜,東京に戻る.


2005年3月26日

● ネットワーク放浪

仕事で親戚んちの電話を占有するわけにもいかないので,都内の何処か, Wireless LANが使え,かつ電源コンセント付きの所は無いかと探したところ,日 比谷の図書館を発見.

仕事しに日比谷まで出てきたのに,切角LANが使えるんだからと,この文章 を書き始めてしまいました.それにしても無線LANは便利です.

最近食べ過ぎ気味だったので,昼食は抜き,3時頃まで図書館で仕事.その 後,銀座のヤマハに行き,子供のピアノ教則本を物色.ついでに色々と楽譜を見 ていると,物欲がわいて来ます.交響曲のポケットスコア,ピアノ四重奏,五重 奏のパート譜等など.でも,こんなのはアメリカでも買えるんだし,帰りの荷物 が重くなってしまうので我慢.それに,こんなの買った事が知られたら,また 合奏のお誘いがかかるかも.でも欲しい…

その他,團伊玖磨の交響曲全集を購入.以前,ラジオで彼の交響曲を聞いた ことがありますが,あまり印象的で無かったことだけ覚えています.早い話が, 全然覚えていないということ.最近,團伊玖磨のエッセイ「パイプの煙」を全巻 読み終え,改めて交響曲を聴いてみたいと思っての購入.CDプレーヤーが手元に 無いので,アメリカ帰国までおあずけ.


2005年3月27日

● 海ホタル

久しぶりに休日らしく過ごした日曜日,千葉からアクアラインを走り,海上 のサービスエリア「海ホタル」に行ってみました.展望台からは,千葉の工業地 帯,東京のビル群,それに横浜のランドマークタワーを遠望できます.東京湾と は言え,すぐ間近で漁船が操業し,カモメが漁の網にまとわりつきます.

昼食を取った後,トンネルを抜けて羽田方面へ.そのまま高速を走って家に 戻りました.木更津経由で海ほたるまで,1時間半ほど.川崎をまわって戻って くるのは,たったの20分.もちろん,日曜日でたまたま交通量が少なかったためで もあります.

帰宅後,近くの家電店へ娘の誕生日のプレゼントの下見に行きました.CDラ ジカセを考えていたので,それならアメリカで買えると思っていたのですが,ヘッ ドフォンステレオが欲しいと言っているようです.Mac miniがあることだし,そ れならiPod Shuffleあたりを買っておいて,手持ちのCDをMP3で吸い出すのがい いかなと思ったのですが,そう言えば娘が持っているCDはコピーガード付きのや つ.うーん,どうしたもんか.


2005年3月28日

● 都立日比谷図書館

再びネットワーク環境を求めて日比谷の図書館へ.閲覧室の窓側テーブル1 列が電卓・パソコン席ということになっていて,テーブルの上に電源コンセント が設けられています.電卓にコンセントは要らないと思うんですが,まあキーボー ドをカチャカチャしたい人はこちらへ,ということなんでしょう.

奥の方の席に着いてノートPCの電源を入れたところ,「シグナル弱」と出て, うまくネットワークに繋がりません.「アンテナ1本」状態です.

PCを持ち上げたり向きを変えたりすると,電波はやや強くなります.そのま まコンセントを外し,PCのスクリーンを見ながら部屋の中をジワジワと移動. 「シグナル強」と出るのを,「お,ここじゃ!」と見つけ,その横の席につこう とすると....同じテーブルに居た人が,キッとこっちを睨んでました. お騒がせしてすみません.


夜読む本とシステム手帳の2005年分のカレンダーを求めて,東京へ.ノート PCを持ち歩いているにもかかわらず,相変わらず古い手帳方式です.問題は,世 界標準サイズと思われるファイロファックスのリフィルが,アメリカで売られて 無いこと.おかげでもう4月になるというのに,新しいページが無いままで不便 でした.

日比谷から東京駅まで散歩し,八重州口の丸善へと向かいました.以前は東 京出張の度に行った本屋です.が...ビルが無い!

工事中のため,別の店舗で営業中だとか.ま,今回の旅ではそんなもんでしょ う.もう何が起こっても驚きません.

仮店舗で目的のリフィルを購入し,文庫本を物色.本棚の前に立っていると, 向こうから中年の女性が,僕をじっと見つめながらこちらにドシドシと歩いて来 ます.あれ,知ってる人だっけ? でも,こんな所に知合いなんか居ないと思うけ ど...やばい,顔に全く覚えがない.でも知らん顔するのは,失礼だし.... こちら側のそんな緊張を全く無視するかのように,どんどんと接近してきます. こっちはひきつった微笑を浮かべながら,相手の出方を待っていました.

で ,この女性,僕の真横まで来ると,くるりと90度向きを変え,本棚から 「鬼平犯科帳」をむんずと掴み,そのまま来た方向へドシドシと去って行きまし た.かなり怖かった.

自分が買った文庫本は,今時のニューヨークネタ本,生でリアルなニューヨー ク通信「生にゅー!」.タイトルだけ見ると,なんか勘違いされそうです.レジ で,「カバー,かけますか?」と店員のお姉さんに聞かれ,「はい,お願いしま す」.

「生にゅー!」,結構笑えます.目からウロコの話題が1つ.「パリス・ヒル トンのビデオ」というのが,一頃アメリカのニュースを騒がせていました.何の 事なのかさほど注意して聞いていたかったので,てっきりパリにあるヒルトンホ テルのビデオか何かの事だろうとずーっと思っていましたが.....人の名前 だったのね,これ.

本屋を出て大手町に向かう途中,少々腹具合が悪くなり,近場のトイレに 駆け込みました.腰かけてホッと一息着いた瞬間,ポーンとチャイムが鳴った かと思うと,「このトイレの水を流すには…」という女性の声のアナウンス. さすがにドキッとしましたよ,これには.


<PREV] [NEXT>