update 2008/10/04

● Jungfraujoch, Top of Europeへと登る

Interlakenから、スイス観光のハイライト、Jungfraujochへ。 標高3454mの、ヨーロッパで最も高い所にある駅です。切符の高さも それ相応で、往復$180ほど。行き方は二通りあって、Lauterbrunnenか Grindelwaldのどちらかを経由してKleine Scheideggへと向かいます。 この写真は、Lauterbrunnenの駅。行き帰り、どちらを経由しても構いません。

Kleine Scheideggからは、トンネルが延々と続き、終点Jungfraujochに 到着。車内の放送は、独、英、仏、西、伊、そしてもちろん日本語に中国語、 韓国語。真っ暗な窓の外が続くせいか、車内では観光案内のテレビ放送が あったりします。途中二回停車。


山の上からInterlakenを眺める。中央の雪山頂上付近やや左よりが、 Interlakenです。ここから見えるということは、Interlakenからも 見えるはずなんですが、街中からはあまりよく分かりません。


展望台「スフィンクス」からの氷河の眺め。高所恐怖症の人は注意。 足元はメッシュになっていて、底抜けです。MoenchとJungfrauが 間近に聳えています。簡単に登れそう。。。


展望台の建物。駅からさらにエレベータで登ります。


Jungfraujochにある、氷をくり抜いたトンネル、氷の宮殿。当たり前ですが、 寒いです。不思議なことに、床はさほど滑らない。


宮殿内部には、こんな氷の彫刻も。


Kleine Scheideggの駅。真後ろにEiger北壁が聳えています。こんな壁、 よく登ろうなんて思うもんだ。


これはGrindelwaldの街外れにあるつり橋。実はここ、10年ほど前は氷河が あったんです。「あそこに登ると氷河が見られるから行ってみよう」と友人を そそのかし、急な梯子を登ってみると、何と氷河は解けて、ずっと高い所に 残るのみ。その代わり、こんなつり橋がかけられていました。


<PREV] [NEXT>