update 2006/05/21

2006年5月12日

● Wien駆け巡り

金曜午後,ようやく仕事から開放され,駆け足でお土産を買ってまわりまし た。ついでに観光モードの写真も少々。

ドナウ川を挟んで旧市街と反対側に聳える近代的なビル群.Wien国連ビルも この中にあります.

ドナウは主流と平行してNeue Donauというやや細い川,それにAlte Donauと 呼ばれる池のようになった所があり,川岸にはバーやレストランが並びます.夏 場にはヌーディストビーチにもなる所もあるんだそうで,ビル群に勤めるビジネ スマンらは双眼鏡を常備しているという噂も.


ドナウ川岸にあったVirus Bar.かなり嫌な名前かも.


一旦ホテルへと戻り,重たい書類を置いた後,Wienの観光案内でお馴染み 「Mozartのト音記号」を撮りに出かけました.

で,ホテルを出た直後問題発生.「はて?あれは何処にあるんだっけ?」学 生時のヨーロッパ一人旅で見たのが最後で,それから何度もこの町に来ているに もかかわらず,一度も見た憶えがありません.

郊外の公園だったか,それとも墓地だったか...「地球の歩き方」を持っ て歩行者天国を歩いている日本人観光客に尋ねようかと本気で悩んでいたとき (かなり変な人だと思われそう),ふと王宮庭園にあるのを思い出しました.こち らがHofburg王宮の写真.


Burggartenまでは歩いてすぐ.無事,パンジーが植えられたト音記号を写真 に収めることができました.庭園は,日向ぼっこをしたり楽器を弾く人たちで溢 れています.Mozartの前は写真撮影の順番待ちをする観光客の塊.


街角にある小さな通路,パサージュ.中を通ってみると,骨董品や本屋など, 表通りからは気づかない雰囲気のある店が並んでいます.


さほど写真を撮ってまわる暇も無く,すでに夕方.今晩,市庁舎前で若い音 楽家による野外コンサートがあるそうです.何時から始まるのか知りませんでし たが,とりあえず行ってみることに.でも会場はまだガラガラで,それもそのは ず,9時過ぎからだそうです.


夏のWienは日暮れが遅く,6時を過ぎてもまだ昼間のような明るさ.公園のベ ンチで本を読んでいたら,向かい側のベンチに夕日が反射し始め,座っている女 性が別の世界に居るようでした.


折角なので,市庁舎地下にあるレストランで食事しました.肉にウンザリし ているにもかかわらず,メニューにあるウィンナーシュニッツェルを見ると無性 に食べたくなってしまい,これを注文.やっぱり一度は食べておかないと.でも 出てきた肉の大きさにまたゲンナリ.薄く延ばしてはありますが,やっぱり分量 は多いです.

(なんとか)食事を終えてコンサート会場に戻りましたが,開始までまだ1時間 あります.翌朝は帰国で慌しいし,見たところテレビ中継もやっているようなの で,ホテルに戻ることにしました.

ホテルで荷造りをすませ,ビールを飲みつつテレビのスイッチを入れると, 案の定,コンサートの中継をやっています.楽しそうなのでもう一度あそこまで 行って見ようかと思案しましたが,会場に溢れる観客の映像を見てやめました. 今見ているテレビの映像の実物が目と鼻の先にあるというのは,何だか妙な気分.


● Wienお土産

旅の荷物を増やすのが嫌なので,ロンドンとパリ(略してロンパリ,いや略さ なくっても良いんですが)ではお土産買いは控え,最後のウィーンでまとめて買 い物しました.

StephansplatzからGrabenにちょっと入った所にあるAltmann & Kuehneで売ら れているのは,可愛らし箱に入った小さなチョコレート.Hofburg前のKohlmarkt には,有名なDemelがあります.これらは空港でも買う事ができます.今回は Demelだけ立ち寄りました.

St.Stephan裏側にあるティーショップ,Haas & Haas.紅茶,コーヒーなどの ほかに,ティーポットのようなものも売られています.店内には紅茶の缶がずらっ と並んでいて,選ぶのが大変.隣にはカフェもあります.


GrabenにあるSt.Peters教会の裏の通りにあるチョコレート店, Schokoladekoenig.オリジナルのMozart Kugelnもありますが,犬や猫の絵が付 いたパッケージに入ったシンプルなチョコレートがお薦め.


Schokoladekoenig店内にあるチョコレートの泉.チョコレートフォンデュみ たいなもんです.

この店のおばさん,とても親切ですが,こっちがちょっとでも片言のドイツ 語を話そうもんなら,全部ドイツ語で押し通されます.負けないように,日本語 を押し通しましょう.


<PREV]