update 2004/5/27

2004年5月

● タイタニック型滑べり台

本来なら写真館行きの画像ですが,トリミングしてたら正方形になってしまっ たのでこっちに分類.

町で開かれていたフェスティバルにあった遊具の一つで,空気で膨らませて つくる,沈没寸前のタイタニック型巨大な滑べり台.やっぱり,あの映画をヒン トに作られたんでしょうかねぇ...タイタニック号の甲板をシャーっと滑べり 落ちて行くのを見て「これは面白そうだ」とか.

あのシーンを見たときは,昔,テレビであっていたクイズ番組を思い出しま した.平らな滑べり台に乗ってクイズに答え,間違えると次第に角度が急になっ てきて,最後は風船のプールにドボン.番組の名前は憶えていないけれど,年は バレるかな.

まあとにかく,滑べり下りた先が氷山の浮かぶ大西洋でないのが救いかも.


● リンクについて

このサイトをopenして早一ヵ月.全体の構造も落ち着いて来て,今では気が 向いたときに各ページにちょっと追加するという気楽な日々です.幾つかのサイ トから「リンクしました」というメールも頂きましたが,こういうのは怠慢著者 にとって励みになりますね.

ただ,このページがあちこちで紹介されるようになると,それを見て「Los Alamosって,なんか面白そうだ.行ってみたい」とか言う人が出てくるんじゃな いかと,ちょっと当惑してます.いいですか,ここは観光地なんかじゃ無いです よ.変な科学者が大量に集まっている変な町ですからね.分ってますね.

このリンクですが,巷では色んな意見があるようです.リンクする場合はメー ルで許可を取れとか,トップページだけにしろとか(いわゆるDeep Link禁止), 変なサイトからのリンク禁止とか.私自身は,Netで公開していることに関して リンクを禁止するなんて無茶な話だと思うし,宣伝してくれるというのに何ゆえ それを拒むっていう考えですが,自分の気づかない所で勝手なことされるのが嫌 という意見もあるんでしょう.

以前,私が作っている,ある別のサイトについて,「リンクしてもよろしい でしょうか」という丁寧なメールを,とある教育機関から頂きました.もちろん OK の返事をしておきましたが,その後,どんなリンクが並んでいるのか気になっ てそこを訪問し,ちょっと驚いたことがあります.なんと,そのリンクページを 表示しようとするとパスワードを求められます.外部非公開なら,どうせ私は確 認できないんだから,わざわざ私に連絡されても困るし,見られないとなると, なおさら何が書かれているのか気になります.さすがにこれは不愉快でした.

ちなみに,今更ですが,リンクはどのページにでもご自由にどうぞ.

● 窓付き風呂

我が家の風呂は,奥行き8ft幅5ftで,比較的狭い.おまけに窓が無く,昼間 でも電灯を付けないと真っ暗闇です.そのため,家を改築するに当たって,風呂 に窓を取り付けることを考えました.風呂側はキャニオンになっていて,なかな かの眺めなので,窓があれば景色を楽しみながら入浴できます.問題は,かなり 遠くとは言え,キャニオンの向こう側にも家が並んでいるということ.

とにかく,窓(それもできるだけ大きいもの)を付けたい旨,大工さんに伝え ました.でも風呂場に大窓というのはこちらではあまり例が無いらしく,結露し て良くないとか,天窓にしたらとか,ガラスブロックで明りを取れば,とか言わ れます.それを何とか説得し(って言うか,客が欲しいって言ってるんだから, 取り付けてよ),green house windowというものを見つけてきてくれました. 壁から2ft程突き出したガラス製の出窓です.

写真は,窓を取り付けた後,壁にタイルを貼っているところ.外が良く見え るということは,外からも丸見えということですが,green houseというくらい なので,観葉植物でも置いておけば何とかなるでしょう.

ちなみに,写真に写っているバスタブは,可能な限り深いものということで 購入しました.横幅が狭いので,日本の風呂桶ほど深いものは据え付けられませ んでしたが,まあまあゆったりとできそうです.


● 化石探し

Jemez Mountainsには貝等の化石が出るところがあり,二枚貝や,何だかよ く分らない管状のものが付いた石が転がっています.ちょっと見ただけでは,ど れが化石なのか分りませんが,丁寧に探していると,だんだんわかるようになっ てきます.特に二枚貝の化石は分りやすいの で,まずはこれを探しましょう.いきなり恐竜の骨を狙っていると,顔と首筋が 真っ赤に日焼けしますよ.

今回の化石調査(というか,化石狩り)では,一番下の子が最初に貝の化石を 見つけました.「あったよー」という声に,家族全員が,「どーせ,ただの石っ ころだろ」と高をくくっていたところ,本当に二枚貝の化石だった.それからは, 親が幼児に負けてならじと,かなり真剣に探したのは言うまでもありません.

でも,その次に「あったー」の声を上げたのは長女.それも貝ではなくて, 何かの骨!.さらにムキになって探したけれども,親の方の収獲は芳しくなく, あえなく敗退.子供の方が,目線が地表に近いから...というのは見苦しい言 い訳.


● キリ番

以前どこかのWeb pageで,悪いサイトの条件みたいなのがあって,その条件 一覧の中に,カウンターの「きり番ゲットしたら報告義務がある」なんてのがあ りました.試しに「キリ番」と「ゲット」をキーワードにgoogleで検索してみる と,出てくる出てくる...

切り番って 1000とか10000だけかと思ってたけれど,5555とか12345とかも ありなんですね.314159とか141421356とかはダメなんですかね.

それはさておき,3月にサイトをopenして,約一ヵ月でカウンタが4桁になり ました.もっとも最初の頃は,geocitiesに転送した画面をWindowsを使って確認 することが多かったので(ページ作成環境はtagべた打ち+Linux版Mozilla),はっ きりいって30%くらいは自己アクセス.

気になる「キリ番ゲット」者ですが,はい,私です.たまたまページトップ を見たら999になっていたので,堪え切れずリロードボタンを押してしまいまし た.1000になったカウンターを見ながら「今日からお前は千だ! 分ったら返事 を,おし!」とか,わけのわからない独り言をしていたのでした.

でも,999ってのもキリ番でありなんだよなぁ...記念にスクリーンショッ トを撮っておけば良かった.


● 間違い電話

ある夕方,かかってきた電話.受話器を取ったのは自分では無かったので, 最初の方の内容は不明.以下は自分に代わった後のやり取り.適当に意訳.

「はろー?」
「はーい,あのね.あの書類の事なんだけど.その書類にSuzukiって 書いてあってぇ....」
「鈴木 ?」
「そう,Suzuki.あなた,Suzuki,持ってるでしょ.その名義書のコピーが 要るのよねぇ」
「へ? スズキって車のSuzuki ?」
「そうそう,えーっと,1998年の4輪駆動」
「4駆は確かに持ってるけど,僕のはJeepだよ」
「あら,変ねぇ,Suzukiじゃない?」
「いや,Jeepだって」
「とにかく,その名義書のコピーが要るの.Suzukiの1998年」
「だから,僕のはJeep Cherokeeだって.1991年の...」
「ふーん,でも4駆なんでしょ.あなた,Johnよね?」
「はぁ ? いや,○×△だけど...(おもいっきりJapaneseな名前)」
「えぇ? おかしいわね.あなたの電話番号は,123-4567じゃない」
「そうだよ」
「Johnじゃないの?」
「違うって」
「でも,電話は123-4567でしょ」
「それは正しい」
「Johnじゃないの?」
「.....」
「電話番号,間違ったみたいね.ははは.バイバイ」

「??????」


● 旅行計画

夏は旅行のシーズン.職場の友人達も次々と長期休暇を取って旅行に出かけ ています.ふとカレンダーを見ると,今年の独立記念日(7/4)は日曜日で,翌5日 も休み.2日の金曜日は職場の休日なので,黙っていても4連休.日本人らしく, 有給休暇を消化することを躊躇していますが,一日だけ休暇を追加し,ガイジン 並に海外旅行に出かけることにしました.

目指す場所はCanadian Rocky.陸続きだから海外じゃないし,第一,ここだっ てロッキー山脈の一部なんだけれど,アメリカを飛行機で縦断するって言うこと で,気分は海外.同じロッキー山脈とは言え,ここは南部の乾燥地帯.氷河なん てありませんし,赤茶けた湖では足を浸す気分にもなりません.

まずは飛行機の便を調べ,Denver経由でCalgaryまで行くのが最短コースだ と分りました.早朝ここを発てば昼にはCalgaryに到着します.そこからレン タカーでBanff, Lake Louiseへと向かう予定.実はBanffには昔行ったことがあ り,「みーはー」にもBanff Springs Hotel に宿泊しました.観光シーズン では無かったので,比較的安く泊まれたと記憶します.

プロの旅人となった今では,有名なホテルだと言う理由だけで,心が流され ることはありません.今回の旅で冷静に検討したホテルは....Chateau Lake Louise...って,おもいっきり流されてるやんか.だって,Springs Hotelと Lake Louise 両方に泊まったことがあるってのは,結構自慢できそうだし.

しかし!,ハイシーズンの宿泊料は半端じゃなかった.予算的には, Lake Louiseに1泊するだけで即アメリカに戻って来なくちゃならないことが判明. しかたなく,ここは諦めました.こんな高級ホテルに泊まるには,新婚旅行とか の大義名分が無いと難しいですね.女房に,もう一回結婚する気は無いかって聞 いてみようかな.でも,「もう,こりごり」とか言われたらどうしよう.

旅行の詳細については,また後日,写真付きで報告します.


<PREV] [NEXT>