update 2005/03/14

2005年3月

● パスポート

Visa更新の関係で,過去10年にわたる海外渡航歴というのを調べる必要があ りました.以前も同じ事をやったのですが,そのとき作ったメモ紙を無くしてし まったので,再度古いパスポートに押された出入国スタンプを見ながら,今まで に訪ねた国々のことを思い出していました.

現役のパスポートと,3つの古い大きなサイズのパスポートを持っています. パスポートを最初に取ったのはもう20年以上前で,発行は1982年.学生の頃,韓 国に旅行に行くために取得したのが最初でした.あの頃は韓国に行くのもvisaが 必要で(えーっと,今は観光なら要りませんよね?),領事館までvisaを貰いに出 かけたのを思い出します.

当時のパスポートを見てみると,面白い事に署名欄が2つあります.一つは 漢字での署名,もう一つは英語になっています.2つのサインを要求するなんて, 今考えてみると変な話ですが,やはり漢字のサインはあまり通用しなかったのか もしれません.1987年に取得したパスポートでは,サイン欄は一つです.

最初に本格的な海外旅行をしたのは,24歳の春休み.ヨーロッパを放浪しま した.当時使っていたパスポートには,ヒースロー空港から英国に入国したスタ ンプがあります.

すぐお隣の韓国を除けば,生まれて初めての海外の街・ロンドンということ もあり,最初に降りた時の記憶はいまだ鮮やかです.空から眺める夕暮れのロン ドンには橙色の灯があちこちに広がり,クリスマスの電飾を見ているようです. 入国で「何しに来た?」というおじさんの質問には「Big Ben を見に来た」と威 張って答え,ピカデリー付近に予約していたホテルへと急ぎました.

3月の夜,まだ肌寒く暗いロンドンの街を,ホテルを探してさ迷う.最初の 経験というのは,随分後になってもその街の印象を左右するものです.今でも英 国と聞くと,何と無く鳥肌が立つのはそのせいかもしれません.全く通じない自 分の英語に挫折していたというのが,本当の理由かもしれませんが.


● 数え方

英語やドイツ語では,12進法の名残でtenの次がeleven,twelveと変則的な名 前の後に,thirteen, fourteen ... という風に想像しやすい名前が続きます.

20まで行くと,その先は twenty-one, twenty-two ...という具合に単純な 法則に則った呼び名になるのは承知の通り.

幼稚園に通う息子は,11から19まで英語で数える方法は丸暗記していたよう ですが,20以上での法則性に気づいたようで,得意気に英語で数を数えます.

"Twenty-one, twenty-two, twenty-three, ..., twenty-eight, twenty-nine, twenty-ten !"

何か勘違いしてるし...


● コンピュータ遍歴

古いファイルを整理していたら,随分昔に書いた自分のコンピュータ使用歴 の文章を見つけ,久しぶりに読んでみました.他人に聞かせても全く面白く無い 話題だし,下手をすると「へっへーすごいだろー,俺ってこーんなに昔からパソ コン,使ってるんだぜー」見たいな自慢話モドキになりかねないという気兼ねは ありますけど.

最初に買ったパソコンは日立のS1という8bit機.昔のコンピュータは構成が シンプルだったので,「何をどーすればどうなるか」が理解しやすく,コンピュー タというものが何をする物なのかを理解するのに役立ちました.

そのコンピュータ遍歴によると,その後使用したコンピュータは,FM-7, PC9801M2, PC9801VM2, PC9801RA, PC9801NS, NEWS 3860, PowerMac 7100, SparcStation 1+, SparcStation LX, Dynabook SS475, VT-Alpha 500, VAIO PCG-505SX, VAIO PCG-Z505CR/K, VAIO PCG-C1MR/BP, VAIO PCG-V505R/PB と続き ます.OSもDOSからUNIX, MacOS, Windowsと多岐にわたりますが,実際には Windowsの入っていたlaptopは,全てLinuxに入れ換えられています.

これ以外に自分で組み立てたPentiumマシンが数台あります.laptopは全部 で6台.よくもまあ色々と使ったもんだと,我ながら感心します.

旅行や出張で持ち歩いているのはVAIO PCG-C1MR/BP.このC1は本当に小さく て,空港のセキュリティチェックなんかでPCを鞄から取り出すと,大概「これは laptop か?!」と驚かれます.そう言うときは「いぇーっす,じゃぱにーず て くのろじー」と答えましょう.

家では,メインのサーバに自作のPentium4マシン.それと先日購入したMac mini.先の2つのlaptopと合わせて,全部で4台のコンピュータが現役で稼働して いることになります.

こんな事を思い出しながら書いているのは,古いファイルを眺めていたこと の他,職場でのちょっとした出来事のためでもあります.

今仕事で使っているのは,上に書いたVAIOの最後のやつで,個人所有です. でも個人のコンピュータを仕事で使うのは,禁止とは言わないまでも,結構嫌が られ,新しいコンピュータを職場で買うようにすすめられます.何故なのか,理 由はよく分りません.

でも今使っているlaptopに別段不満があるわけでもなく,新しいのを買って もらって,データを全部コピーしたりするのも面倒です.今のlaptopがクラッシュ するなりして使えなくなるのを待って,新しいコンピュータを買ってもらうのが 最善策か.でもそうなると,もはやデータのコピーは出来ない.


● 夜の動物園

写真館にアライグマとキツネの写真 を入れましたが,どちらもビデオのnight shop機能で撮影したもの.昼間はリス 天国の我が家の庭ですが,夜間は色々な中型動物がやってくるが面白く,窓のす ぐ脇にビデオを常備しています.

今までに見たのは,アライグマ,キツネ,コヨーテ,スカンク.その他にも bobcat(山猫)やmountain lion(クーガーとかピューマとか呼ばれてるやつ)なん かもいるそうですが,こんなのには出食わしたくないですね.ちなみに庭木に 果樹があると,熊がやって来るそうです.

野性の王国? Los Alamosなので,Wildlife in Los Alamosへの変更審議中で すが,夜行性動物ばかりを紹介するなら,Nightly Life in Los Alamosとかにしな いといけませんね.Night-life in Los Alamosだとちょっとアヤシイ.

いっそのこと,

「Wild Nightlife in Los Alamos」

うーん,ますます怪しい(妖しい?).何か勘違いしてLos Alamosにやって来 る輩が増えそうだ.


● 孔雀

Albuquerqueの動物園に行ってきました.小さな動物園なので,種類とかに はあまり期待していなかったのですが,キリンさんも象さんもいて,なかなか良 い動物園です.ちなみにパンダはいません.

カフェテリアでハンバーガーとチキンナゲット,それにフライドポテトを買 い,テラスで食べていると,放し飼い?にされている孔雀が寄って来ます.どう やら客のおこぼれを狙っているよう. 試しにフライドポテトを小さくちぎって 投げてやると,我先にとやってきて食べてしまいました.孔雀は雑食性で,穀物 や草,昆虫を主に食べているそうです.

パンの切れ端も,もちろん食べます.チキンナゲットも食べました.

....チキンを食べた ??? ちょっと待て.それは鳥類として倫理的に 問題がある.

特別付録,シロクマの「にくきう」

● 1周年記念

変なもの写真館に2件ほど追加して, さて今週末の分はこれでおしまいと思いながら,ふとトップページの作成日付を 見ると2004年3月6日とあります.つまり今日は丁度1周年記念日.

厳密に言うと,文章を書き始めたのが3/6で,その後2週間ほどしてから公開 したので,開店1周年というわけではありませんが,まあ細かい事は言わないで おきましょう.折角なので,こちらのコーナーにも1件追加することにしました.

今の総アクセス数が11000強になっているので,大体月平均1000件のアクセ スがあったことになります.つまり1日平均は30件ほど.普通の人の生活には何 の役にも立たないサイトとすれば,まあまあかも.

一昨日,カウンターがぞろ目の011111だったとの報告を頂きましたが,「最 初がゼロだから却下」という冷酷な返事をしておきました.全部1じゃないと美 しくないというのがその理由で,当人にはあと10万回reloadボタンを押し続ける ように伝えておきました.

でもちょうど1周年で1のぞろ目というのは縁起が良い.心を入れ換えて,記 念品を贈呈することにし,Santa Feまで買物に出かけました.

見つけて来たのは,写真の「エイリアン8人衆」.舶来品(中国製),暗闇で 光る優れ物です.こんな逸品はそうそう手に入るものではありません.紛失のお それがあるので,郵送もできません.

というわけで,011111取った人,エイリアンたちを引き取りに家まで来てく ださいね.


PS: エイリアン8人衆,本日(12日),本当にアメリカまで引き取りに来られ ました.ドナドナ.


● ケーキ

片田舎に住んでいてちょっと寂しいのが,美味しいデザートショップに縁が 無いこと.元もと僕はあまり甘いものを食べませんし,家内も日本に居た頃は素 朴なおかしばかり作っていました.手間のかかるケーキなんかは,家で作るより 買って来た方が早いし安いというのがその理由.でも,無いものは無い.無いと なると,なんとなく食べたくなってくるのが人情です.

売ってなければ,作るしかない.ということで,デザート担当(ちなみに主 食も担当)は,日々ケーキ作りに研讃を積んでおります. 料理の部屋 でおかしのレシピが増殖しているのは,こんな切実な理由から でもあります.

もっとも,ケーキ類が全く売ってない訳では無く,スーパーに行けば総人工 色の,とても食べ物には見えない巨大なケーキがあり,子供の誕生パーティなん かでは良く見かけます.とても食べる気はしませんけど.

写真のようなチョコたっぷり生クリームたっぷりのケーキがデザートに出る なんて,以前は考えてもみませんでしたが,最近ではしばしば食卓でお目にかか ります.これにバニラアイスを添えて食べると最高です.で,こんな食生活して いると,当然「重み」の方も上昇気味となります.

でも,体重を気にして「いらない」なんて言おうものなら,主食の方を削ら れてしまいそうなので,とてもそんな事言えません.「仕方無く」無理してケー キを食し,風呂上がりに腹筋30回,休日はテニスの壁打ち1時間,酒はツマミ無 し,歩ける距離は極力歩くという努力を続けます.

渡米後体重が3kg増え,古い綿パンが入らなくなりましたが,これはそんな 努力の結果,筋肉が付いたもの.決して脂肪ではございませぬ.

あっ,書き忘れましたが,古い綿パンが入らなくなった理由は,アメリカ製 洗濯機で洗って縮んだせいでもあります.きっとそうです.それしか考えられま せぬ.


● モノリス

野鳥兼リスの餌台は全部で3つ.地面に置いた丸太が2つと,フェンスの上の 手作り餌台.春になるとやって来る野 鳥とリスたちの数も随分増え,置いてある餌もあっと言う間に無くなってしまい ます.

でも数日前からデッキの工事が再開され,おじさんがガンガンとラジオを鳴 らしながら庭で作業しているので,餌があっても鳥たちがなかなか近付けなかっ たようです.おまけに,このおじさん,餌台を角材置場にしてしまいました.

それでもメゲナイ野鳥たち.工事が始まる前にワラワラと集まり,ある日突 然現われたモノリスのような柱を気にもせず,餌をつっつきます.

こういう情景を見ていると,頭の中でR. シュトラウスの「ツァラトウスト ラはかく語りき」が頭の中で鳴り響く私は,少々病気でしょうか.


● お土産

Visa更新のため,明日から3週間程一時帰国します.今のvisaを更新しない という選択肢もあったのですが,その場合,海外出張する度にヤヤコシイ手続き が必要になるそうなので,面倒ながらとりあえず延長することにしました.

昨年10月からvisa更新のための諸々の手続きを始め,アメリカ移民局のお許 しが出たのが1月.日本にあるアメリカ大使館での面接が必要なので,今度は家 族全員で帰国の手続き.切符の手配,面接の予約,必要書類の準備と,忙しい日々 を送ってきました.帰国後は,証明写真と,大使館に支払う手数料の振り込みを 残すだけとなりました.

写真を撮るのは簡単ですが,ちょっと困っているのが手数料.日本円の手持 ちが無い! とりあえず日本で持っている銀行口座のキャッシュカードを持って 帰る予定ですが,あとどれくらい残高があることやら.

閑話休題(それはさておき),帰国となればお土産です.今,「おみやげ」と いうのを漢字変換しようとすると,「悪土産」とか「男土産」とか出てきてちょっ と欝になりました.「おとこみやげ」はかなり嫌です.それはともかく,アメリ カっぽい土産物を探すのは結構大変ですが,日用品に案外面白いものがあります. 今回見繕ってきたものは,次のような物たち.

イースターが近いので,ごくありふれた物のイースターヴァージョンという のも出回っています.それ関係で買ったものは,ウサギと卵の形をしたパスタ, ウサギ型のPETS,人参型チョコレート,ヒヨコ型の石鹸とキャンドル等々.

百聞は一見にしかずなので,戦利品の写真でも掲載すれば良いのでしょうが, そうするとお土産貰う人たちの楽しみが半減してしまいます.とりあえず文章だ け.これ読んだ人は,「朝鮮人参の型をしたチョコレート」とか「頭に火を点け られたかわいいヒヨコの阿鼻叫喚」とか,色々と妄想してみてください.

なお,今後3週間程,更新頻度が落ちるかも.


<PREV] [NEXT>