update 2005/01/31

2005年1月

● 日本の食材

San Diego旅行中に,日系スーパーマーケットMitsuwaに立ち寄りました.年 末ということもあり,御歳暮セットから正月のおせち料理の材料まで,本当にこ こはアメリカなのかと錯覚してしまうような光景です.New Mexicoで手に入りに くい日本の食材は帰国時に買い貯めするようにしていますが,こんな店が近くに あれば,日本と何ら変わらない生活をアメリカで送ることができそうです.

中には,こんなもの需要があるのかな,とちょっと首を傾げるようなものも 売られていました.例えば,ホットケーキミックス.パンケーキの本場の国で, なぜホットケーキミックス? ジョージアとかUCCの缶コーヒー.確かにアメリカ のコーヒーはマズイですが,わざわざ日本の缶コーヒーを飲むほどのことは無い のでは? 日本のシャンプー.確かにアメリカ製のは香りが少々キツイのがあり ますが.日本のビール.実はここLos Alamosのスーパーでも一番搾りが売られて います.でも,高いです.僕はアメリカのビールはあまり好きではないので,もっ ぱらドイツかチェコのビールを飲んでいます.知合いのアメリカ人は,寿司には キリンビールが合うと言っていましたが,これは多分,気分の問題.

さて,色々と悪口言いましたが,この店で調達したのは,まずカレーのルー. 日本で買ってきても,入国時に見つかると没収されます.麻婆豆腐や五目飯の素. Albuquerqueの韓国系・中国系スーパーでも買えないことは無いです.それから ドラ焼き.New Mexicoでは自分で作らない限り,まず手に入らないでしょう.

苦労してCaliforniaから持って帰っても,食べてしまうのはあっという間で, やがて哀しきなんとやらです.


PS: AlbuquerqueのA1 shopでドラ焼きを目撃したとの情報.もみじ饅頭 なんてのも売ってたし,A1,あなどるべからず.


● 2ドル紙幣

今日は正月の2日.2にちなんで2ドル紙幣の話です.

アメリカで流通しているお札は1,5,10,20ドル紙幣が殆んどで,50,100ドル 紙幣を財布に入れているのは観光客くらいなものです.そして,殆んど流通して いない小額紙幣に2ドル札があります.

San Diegoに旅行した折り,駐車場代金6ドルを支払うのに10ドル紙幣を出し, そのおつりに2ドル紙幣を2枚貰いました.普通,こんな2000円札のような珍しい お札は箪笥にしまわれてしまうので,まず御目にかかることはありません.

実は2ドル紙幣を見たのはこれが初めてではありません.昨年,知合い数人 とレストランで食事をしていて,その支払いに誰かが2ドル紙幣を出したので, 速攻で自分の1ドル2枚と交換しました.それもSan Diegoでの事だったので,も しかしたらSan Diegoで大量に偽造されているのかもしれません(←おい).とに かく,そうして手に入れた2ドル紙幣を大事に引き出しにしまっておきました.

ある日,その2ドル紙幣が無くなっているのに気づき,家内に尋ねると,

「小学校のランチのピザ代に使ったわよ」

どんなに珍しくったって,所詮2ドル紙幣は2ドルの価値しか無いということ です.今回は2枚入手しましたので,ピザ2枚分ですな.


● 凍結

資金繰りに行き詰まって銀行口座を凍結された...とか言う話ではなくて, 水が凍ってしまったという話.

昨年のクリスマスイブ前夜から早朝にかけて極度に気温が下がり,キッチン の水道管が凍ってしまいました.それも,水の方ではなく,ボイラーから床下を 通って流れて来る湯の方.床下に潜って配管を調べてみると,キッチンの流しの 真下付近で湯の管が外気に少し当たるようになっており,どうやらこの部分が凍っ てしまったようです.

DIYショップに行き,配管凍結防止のヒーターが無いか探したところ,やは りここでは需要があるのか,テープ状の電気ヒーターが売られていました.さら にこの日は切実だったようで,同じ物を買い求めている客を見かけました.きっ と彼の家でも,水道が出なくなってしまったんでしょう.

このヒーターと配管用断熱シートを買い,再び床下へ.ヒーターを配管に取 り付けて,断熱シートで巻きます.特に外気が当たっていた部分は,断熱材をギュ ウギュウと押し込んでおきました.

電源を入れて待つこと数時間.相変わらずお湯は出て来ません.キッチンの 方からもドライヤーの熱風で配管を温めてみましたが,ポタリと水滴が蛇口から 落ちてきた程度で,凍結した管からお湯が出て来ることはありませんでした.

結局翌日になって,太陽で暖められた家の壁から熱が伝わったのか,水道管 は自然復旧しました.

今ごろになって昨年末の話を書いているのは,今日の新聞にあの日の気温が 載っていたから.あの日の最低気温はマイナス16度だったそうです.さらには, 近くのWhite Rockという町ではマイナス23度まで下がったとか.九州生まれで九 州育ちの僕としては,おそらく人生で最も低い気温です.もっとも家の中で 寝てたんで,体験したというわけではありませんが.


● 変なライセンスプレート

お金さえ出せば車のナンバー(ライセンスプレート)に好きな文字を入れられ るので,アメリカでは変なライセンスプレートを着けた車が走っています.New Mexicoではさほど遭遇しませんが,それでも変なものを時々町中で見かけます. 研究所という少々特殊な環境のためか,物理やった人間でないと理解できないも のが多いようです.

今までこの辺りで見かけた変なライセンスプレートをざっと挙げると,

GODGIVEN
そーですか
2FUN4ME
too fun for me
ATOM
原子
ELECTRON
電子
DX DT
距離(X)の時間微分 = 速度
6.6E-34
プランク定数!(小数点もあり?)

Californiaあたりだと,結構笑えるナンバーの車が走っています.写真は San Diegoで見つけたもの.こんなの着けた車で引き逃げ事故されたら困ります よね.たまたま通りかかった人から助けられ...

「おい,だいじょうか? 警察と救急車を呼んでやるぞ.ナンバーは憶えてるか?」
「ち....ちょ..こ」
「なに? チョコ? チョコレートが食いたいのか?」
「うぅ....ちょ..こ...」
「チョコなんて食ってる場合じゃないぞ.ナンバーは何だ?」
「だ..か..ら.....チョコ」
「チョコ?」
「うん.で,まん中がはあと ♥」 (*^_^*) うふっ


● 電気ヒーター

アメリカの家はセントラルヒーティングになっているので,24時間どこでも 暖房が効いています.ここでは真冬,マイナス10度以下になることもあり,暖房 は家に関する最重要項目の一つです.トイレ・バスルームにも常時暖房が入って いるのは何だか無駄な気もしますが,アメリカでは便座カバーは使いませんので, 氷点下の便座に座って朝の仕事をしていると,おしりに輪状の霜焼けができてし まい,かなり恥ずかしいです.

ヒーティングシステムには,温風を強制循環させるタイプや床暖房など,幾 つか暖房の種類がありますが,我が家のものは壁脇に取り付けたラジエターに温 水が流れるタイプ(写真左下の白いもの).非常に静かで,家全体が均等に暖めら れます.ただボイラーのパワーが少し足りないのか,朝の冷え込み時は少々効き が悪いようです.

そこで調達してきたのが,写真右側のセラミックヒーター.寒い朝ご飯の時 間だけ,局所的に暖めようという計画です.ところが今日に限って外気が10度を 越す暖かさ.ストーブなんて点けていると暑くてたまりません.天気予報を見る と,来週水曜日あたりに寒が戻ってくるようなので,その日まで利用はお預けで す.写真は,この項で紹介するためにスイッチを入れ,汗をかきながら撮った もの.


● 1ドルショップ

冬休みの間にWeb Page用ネタや写真を色々と集めていたので,この項,結構 頻繁な更新となっています.San Diegoで買い漁ったぬいぐるみで動物園... という案は,現在,企画委員の間で稟議中となっております.

日本ではお馴染みの100円ショップ.店内をうろつくだけでも楽しいので, 日本に住んでいた頃は良く利用しました.アメリカでも1ドルショップというの があるようですが,残念ながらこの近くでは見かけません.その代わり,TARGET というディスカウントストアの中に,1ドルコーナーがあって,こまごましたガ ラクタが売られています.

写真のおもちゃは,この1ドルコーナーで買ったもの.3つ合わせて1ドルで す....が,どーしても気になるのは,カバさんの大きさ.普通,カエルの 方を小さく作りそうなもんですが.


● ドッグフード

家内が「ドッグフードを買って来ようかしら」と言い出しました.でも我が 家には,犬はいません.犬用では無くて,毎晩庭にやってくる動物達の餌だそう です.彼らを天然ディスポーザとして食べ 残り等を処分していますが,毎晩食べ残りが出るもんでもありません.一方,冬 で食べ物が少なくなって来たのか,アライグマやキツネ,コヨーテといった面々 が毎晩のように食べ物を求めてやって来ます.寒い雪の日に餌を求めてやって来た コヨーテが,からっぽの餌場にがっかりしながら去ってゆくのも気の毒です.

野性動物達がドッグフードを食べるのか,ちょっと心配ではありましたが, 毎晩外に置く餌は翌朝には綺麗さっぱり無くなっています.そっと観察している と,大体夜の8時過ぎにやってくるのがアライグマの家族.その次に希に来るの がキツネ.コヨーテはいつも一匹だけで,深夜から早朝にかけて行動しているよ うです.

餌をやっているとはいえ,家の中から遠巻きに見ているだけなので,「あら いぐまラスカル」みたいな交流は無しです.そもそも野性のコヨーテやアライグ マと仲良くなるのは結構危険でしょう.特にアライグマは凶暴だそうです.

写真は,ドッグフードを食べるコヨーテを nightshot機能付きデジタルビデオで撮影したもの.今のところ,小型・中 型動物だけですが,近所の人の話だと,熊やマウンテンライオンなんかも希に出 没するそうです.ただでさえ沢山のリスと野鳥を養っているのに,これ以上扶養 家族が増えると,さすがに家計を圧迫しそうです.もっとも熊がドッグフードを 食べれば,の話ですが.


● 嫌いなWeb Page

最後のやつはFictionです.そんなサイトにつないだ記憶はございませんし,"no"と答えると yahooとかDisneyのサイトに飛ばされるなんてことは,友人から聞いただけで,それ以上のことは ...ごにょごにょごにょ...


● Pueblo Canyon散歩

晴れた1月の休日,ハイキングに出かけました.普通,ハイキングと言うと 山を登ったりするイメージですが,ここは既に標高2200mの山の上.更に高い所 は雪に閉ざされており,Los Alamosでポピュラーなハイキングは谷を降りるとい うやつ.気温は約5度C.日陰にはまだ雪が残っているものの,日向に出ればぽか ぽかと暖かい野外活動日和です.

行き先は,家のまん前,Pueblo Canyonの底.庭先から崖を降りるのは無理 なので,一旦スイミングプールの横にあるAcid Canyonへの下り道で谷底へ降り, そこから谷沿いに歩くことにしました.

昼間の日差しで積もった雪が融け,キャニオンの底へと流れる小さな小川を 作りますが,気温の低い日陰では再び凍ってしまいます.春はまだ遠い.

ここの木々は,殆んどが松.中には落雷を受けたのか,骨のように立ち枯れた 木もあり,青いニューメキシコの空に映える枯木は,少々不気味ですらあります.

Acid Canyonの底は陽が当たらず,3週間前に降った雪がまだ残っています. それでもここをハイクする人は多いようで,山道は踏み固められた雪ですっかり アイススケート場状態.なかなかスリリングなハイキングとなりました.

狭い谷底を抜けると,幅300m程のPueblo Canyonです.ここは作業車両が通れる 道もあり,また雪解け水の小川が流れます.まだまだ気温が低いので,融けて 流れて再び凍り,というのを繰り返しているようです.

歩き始めて約1時間.遂に家のある所の真下(と思われるポイント)に到着. 崖を登って家に帰ろうという考えは,あまりに無謀だと悟りました.崖斜面が急 過ぎてとても登れそうにありません.あたりまえです.降りられないと思ったか ら,遠回りして来たんで,降りられない所を登れる訳もない.


その代わりに見つけたのが,この変な3つの岩.日本なら何某かの名前が付 いていそうな岩です.「鬼の土柱」とか,「しも柱岩」とか,「巨大しめじの化 石岩」とか(そんなの無いか).

Los Alamos一帯にいくらでもあるこんな岩に一々名前を付けていてはきりが ないので,当然,無名の岩たちです.可哀想なので,僕が名前を付けてあげまし た.

ブースカの頭岩

だめですか?


● ピアノ五重奏

とあるパーティーで,ヴァイオリンを弾かれる某奥様との立ち話から.

「ウィーンに仕事で行くことがあって,その度に楽譜を買ってくるんですよ」
「何を買ったの?」
「このあいだは,シューベルトとショスタコービッチのピアノ5重奏」
「ショスタコービッチは難しいわね」
「ええ,でもシューベルトはそれほどでも無いですね」
「鱒を弾いたのは随分昔だけど,まだ憶えてるかしら.あの曲はコントラバスが要るわね」
「変った編成ですからね」
「あなたの家,ピアノあったかしら?」
「はい,ヤマハのクラビノーバですけど」
「多分,私の友達の家のピアノを使えると思うわ」
「はぁ?」
「問題はコントラバスとヴィオラ奏者ね,探してみましょう」
「へ?」

数日後,一枚のメモ紙を手渡されました.「2月10日7時,○○の家,シュー ベルト,鱒」とだけ書かれています.いったいどうなる事やら.


● 本日雪のため

出張先から自宅に電話を入れ ると,Los Alamosは雪だそうです.Los Alamosへの帰路は登り坂が続くので,車 は大丈夫かと少々心配していましたが,寒波はさほど強く無いらしく,降った端 から融けているとのこと.

帰宅した当日,雪は殆んど残っていませんでしたが,翌土曜の晩から日曜朝 にかけてまとまった雪が降り,30cmほど積もっていました.

大雪の日は学校や職場が休みになるのですが,その決定のタイミングが結構 微妙です.夜間降り続いても,朝方除雪されてしまうと,スクールバスはやって くることになります.Los Alamosの除雪作業車の仕事ぶりはそれは見事で,ひと たび雪が降り出すと,深夜だろうが夜明け前だろうが町中を走り回り,我らの明 日の出勤のために除雪を続けてくれます.

今夜も僅かながら雪が降っています.明日の朝まで,どれだけ積もるか. 除雪車は皆の出勤時間までに仕事を終えてしまうのか,あるいは降りしきる 雪に退散するのか.

これを書いている今しがたも,家の前を除雪車が通り過ぎて行きました.除 雪作業員の苦労を労って照々坊主をぶら下げておこうか,それともモウカリ休日 を期待してサカサマにぶら下げるか.雪の夜の悩みは尽きません.


<PREV] [NEXT>